ビットコイン入門

HYIP(ハイプ)とは?危険な案件の見分け方って?

投稿日:2017年3月1日 更新日:

ビットコインの普及とともに、
話題となってきた「HYIP投資」
そんなHYIPとは何かを
初心者の方にもわかりやすくお届けしたいと思います。

HYIPって何?

High Yield Investment Programを略してHYIP
ハイプと呼びます。
エイチ・ワイ・アイ・ピーでも問題ないです。

これは日本では考えられない高利回りの案件の事を指して言います。

ビットコインを筆頭に仮想通貨に興味を持った方々や、
ネットワークビジネスやアフィリエイトをやられてる方々に広まり、
徐々に知名度を高めています。

主にビットコインで投資するものが多く、
その会社でお金を集めて何かに運用してその運用利益から配当を出していきます。

本当にそんな高額配当出せるの?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、それもその通りです。

HYIPのほとんどが詐欺なのです。

HYIPの厄介なところは、ある程度の期間ちゃんと配当が出るのです。
配当が出るので投資家は安心して追加で投資を行います。
特にHYIPは利益率が高いため中毒性も高いです。

ある程度投資家からの資金(ビットコイン)が集まったある時に、
会社ごと蒸発してしまうのです。

つまり、ずっと続くHYIPというのはほとんどありません。

しかしHYIPは毎日世界の何処かでいくつか誕生しては消えていきます。
とにかく世界には多くのHYIPが存在しているのが現状です。

もちろんHYIPは全てが悪であるわけではありません。
長くは続きませんが期間をわきまえて、リスクフリーなお金(何かの投資で元本を回収した後の本当の利益)で投資するならオススメです。

そんなHYIPにお金を根こそぎ持っていかれないように
まずは危険なHYIPの判断要素をご紹介します。

危険なHYIPの例

これはずばり時利タイプ!

そう、1時間○%ってやつです。
ほぼすぐ飛びます。

そしてあまりにも日利が高い案件。
個人的に日利5%以上のHYIPは危ないと感じます。

そういった案件は元金が引き出せるのか?
土日も配当があるのか?

など、運営側が資金をコントロールしやすい構造かを想像してみるといいかもしれません。

中央集権型はハイリスクハイリターン

ビットコインを使った投資案件には
● 中央集権型
● P2P型
の2つに大別できると考えています。

中央集権型というのは投資ファンドのようなものです。
投資家からお金を集めてそれを資金に何かに運用し、その運用利益の一部を投資家に還元します。

しかしこの中央集権型というのは、投資家から集めたお金を全て持って逃げるリスクがあるのです。

それに対してP2P型は、
会社にお金を預けるのではなく、末端投資先の人に直接お金を送金します(中央組織は介さない)。
なので、ものすごく透明性が高いのが特徴です。

募金で例えるとわかりやすいです。

例えば何か災害があり募金活動が行われたとします。
募金は日本赤十字などの団体に一度預けて、それが被災者に届けられます。

しかしこの善意の募金は本当に被災者に届いているのでしょうか?
これは不透明で調べようがありません。

しかし募金する人が被災者に直接P2Pでお金を送金することができたらどうでしょうか?
確実に被災者へ募金できたことがわかります。
とても透明性が高く、中間の募金団体に募金を持ち逃げされる心配がありません。

つまり、中央集権型P2P型には大きな違いがあるのです。

飛ぶ前の予兆

先日飛んだとあるHYIP案件は、本当に突然消えました。
僕は投資していませんでしたがかなりの被害額だったようです。

そのサイトにも飛ぶ前の微かな予兆がありました。
年末にクリスマスキャンペーンということで通常よりも若干配当%を上げたのです。

この行動は、飛ぶ前に最後のかき集めをする典型的なパターンです。
配当をガッツリ上げて、普段よりも多くの資金を集めて、ピークを迎えた瞬間飛ぶのです。

クリスマス、バレンタインなどの
イベントごとに乗っかってキャンペーンを行い紹介報酬をUPしているHYIPには要注意です。
これも続いているやつはあるのでなんとも言えませんが、
飛ぶ確率は高いと思っておいた方が良さそう。

長く続くHYIPのパターン

それでは長く続くHYIP案件のパターンをご紹介します。

もちろん100%そうではないですが、
あくまでも目安にして下さい。

元本がすぐには引き出せない

これはかなり重要ポイントです!

満期○日で引き出し可能なやつ、
もしくは元本償却型(元本は返ってこないタイプ)ですね。

逆にいつでも元本が引き出せるというのは
投資する側からすると安心感があると思うんですが、
運営者からすると、凄いリスクなんですよね。

ちょっとしたシステムトラブルが起きただけで、
皆怖くなって元金引き出しちゃう。

一斉にみんなが元金引き出そうとすると、

HYIP側からすれば
「あ、これはもう潮時だな、飛ぶか。」
となるわけです。

本質的な構造を考えないといけないんですが、
大前提、HYIPは入金と出金のバランスゲームです。

入金<出金になった時点でゲームオーバーなんです。

つまり、元金引き出せるHYIPは一見安心に見えて、
実は投資家にとってもすごくリスクが高い案件になります。

最大のリスクは運営が飛ぶことなので。

※その中でももちろん当たりはありますが。

サイトの作りがしっかりしている

実は、HYIPってテンプレート売ってます。
「HYIP MAKER」とかでググってみてください。

なんとなく見たことある雰囲気のテンプレートがたくさん出てくると思います。笑

判断基準のひとつとして、そのサイト独自の動画などがあると安心材料ですね。
※違うHYIPで見たことある人とか出てきたらヤバい臭いプンプンです。

しっかりサイトが作りこんであると、
簡素なサイトに比べて長持ちする傾向にあります。
あと、案件の事業概要が書かれてなかったり、全体の総投資額や投資家の人数が書いてないと減点対象。

ただ必ずしも書いてないからNGとはならないので、
他の項目も合わせて総合的に見るようにして下さい。

海外の優良モニターサイトに情報がある

あ、そもそもモニターサイトって何なの?って感じですよね。

要は、HYIPをモニタリング(監視)してるサイトです。
※詐欺のモニタリングサイトあるので注意が必要。

● HYIPがいつオープンしたか
● 払い出しがどれくらいの期間行われてるか
● レビュー(投資家の評価)はどうか

などなどの情報を集めたサイトなんですが、
真面目にやってる海外のモニターサイトって信用があるので質の悪いHYIPの広告断るんですよね。

なので、僕たちの様な投資する側からすると、そういうサイトに載ってない時点でちょっと減点対象だと思ったほうがいいです。

もちろん、サイトに載ってないからアウト!みたいな極端な判断じゃなく、総合的にみること。
それは全部クリアしてると最高ですが。

↓こちらのサイトが見やすいのでおすすめ。
海外HYIPモニターサイト

サポートのレスが早い

サポートのレスが悪いのは結構心配です。
特に、飛ぶ前にはサポートのレスが悪くなったりします。

実は、飛ぶ理由はお金だけじゃないんですよ。

① サポートが回らない(多分)
② 飽きた
③ サイトをハッキングされてどうしようもない
④ アクセス過多サイバー攻撃受けたり
(人気HYIPはサイト重いの理由はこういうのもある)

そういうのも引き金になるので、儲かったからさようなら!というのだけではないみたい。

この中で自分たちで回避できるのは①だけですが。。笑

運営者も人間なので、
めんどくさいサポート増えると嫌になっちゃうこともあります。

フェイスブックページなどを運営しているHYIP業者は、

「システムトラブルなのでメンテナンスするよー。しばらくアクセスできないからねー。」

とかアナウンスしてくれてたりします。

SNSも含めたサポートが手薄な場合はちょっと警戒が必要です。
最近SNSが更新されてないのはちょっと怖いですね。

存続期間が90日を超えている

実はHYIPの90%以上が、90日(三ヶ月)以内に飛びます。

もちろん、オープンしてすぐに投資すれば長く配当を受けることができます。
利回りの大きい案件なら、たんまりと利益を得ることができるでしょう。
(長く続けばですが。笑)

9割のHYIPが飛ぶので、一発の利益が大きくても打率1割未満では回収できません。

なので、安全にいくなら90日を超えて継続してるHYIPを選ぶのが正解です。

まとめ

まぁ、だいたいこんな感じです。
簡単に書こうと思ったら意外と長くなっちゃいました。

最後にまとめると。。

● HYIPとはハイリスクハイリターンの投資案件だよ
● いつ飛ぶかわからないので、飛ばれても痛くないリスクフリーの余剰金を使って投資することをおすすめするよ
● 最初から飛ぶものだとわきまえて投資するんだよ
● 中央集権型は持ち逃げリスクがあるよ
● 元本が返ってこないタイプは長持ちする傾向にあるよ
● サイトが手が込んでいると長持ち(略)
● 海外のモニターサイトに情報があると長持ち(略)
● サポートのレスが早いところは長持ち(略)
● 90日以上続いているHYIPは長持ち(略)
● 色々な角度から自分で検証してみること(ネットの情報を鵜呑みにしてはいけないよ)
慣れてくると、

「あ、なんとなく長持ちしそうだな」
とか感じるようになってきます。

当然ハズレることもありますが、打率が上がってきます。

「SNSとかで誰かがオイシイって言ってたから!」

とかで判断せずに、
ここで書いたような判断基準で見ていけば
そんなに大ケガしまくることは無いと思います。

明日くらいからオススメの流していくので、よければご検討下さい。

あと、LINE@のお友達募集してます。
SNSやブログ公開前の貴重な情報なども優先的にお届けします!
先行者利益を狙う方はぜひ。

友だち追加

-ビットコイン入門

                                          

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットコイン(Bitcoin)とは?

最近「ビットコイン」という単語をよくききませんか? 巷では、21世紀最大の革命と言われています。   そもそもビットコインとは何なのか? 知っておかないとやばいかも。。 ビットコインをはじめ …

ビットコインの購入方法(bitFlyer編)

  今回はビットコインの買い方について解説します。 ビットコインって何?って方は下の記事をご覧下さい。 ビットコイン(Bitcoin)とは?【わかりやすく解説】 | ビットラベル ビットコイ …

サイト内検索


どうも、管理人のkazu@ビットラベルです。
ビットコインを使い様々な案件に投資したり、その他ビジネスや投資案件に取り組んでいます。
誰にでもわかりやすくをモットーに。
[趣味]旅、カラオケ、映画

プロフィール詳細はこちら

友だち追加
『Winnex+』激堅のブラジル投資案件!自己運用だけでも約10ヶ月で資産10倍以上に?

今大注目のAirBitClub(エアービットクラブ)がとにかくヤバすぎる。

『ALTCOINER』日利3.36%~5.04%で運営1ヶ月以上継続中のナイスHYIP

PWTB(Platinum World Team Build)を詳しく徹底解説!とにかく伸び率がすごいよ。

『Bit Monster』実態のあるガチガチの日利約1%長期資産運用案件!

ビットコイン(Bitcoin)とは?

HYIP(ハイプ)とは?危険な案件の見分け方って?

altcoiner.net